スキップしてメイン コンテンツに移動

派遣レッスン

大手企業様にまた声を掛けて頂き大変有難い気持ちの藤森です。
いつもサロンにいるのでたまに外に出れるとワクワクします(笑)
幹事様に感謝ですね。

前回の様子
近年、部活動が盛んな企業も増えてきたと聞きます。色々な部活動があり先日は「肉部」という部もあるとお客様にお聞きしました。(文字通り美味しい肉料理を食べに行くようです)
部活動を通じて他の部署の人と知り合う機会も増え、社内のコミュニケーションの活性化が期待できるので今後ますます部活動は増えていくのではないかと思います。
また、社会人になると仕事の都合などもあり、平日は中々趣味の時間を持つのは難しいのではないでしょうか。
ですが、社内の部活動なら移動時間はなしで遊ぶ仲間も仕事仲間ですから急な仕事のキャンセルなども理解してもらいやすく気兼ねなしに企画することができると思います。

そして私は企業様の部活にこそ是非囲碁をおすすめしています。

まず囲碁は年代性別を問わないので大手企業様のようにたくさんの年代が集まる場合でも偏ることなく人を呼び込むことができます。それにより幅の広い交流ができます。
せっかくの部活動ですから誰でも入れるような感じが理想ですよね。
また囲碁は別名「手談」と言われコミュニケーションを促します。1局打つと仕事の時とは違った一面が見れたり、様々な考え方に触れることができます。慣れてくると囲碁を打つだけで会話をしているような気分も味わうことができます。
そして囲碁は世界一奥深いゲームとも言われていますので、間違いなく脳を鍛えることができます。仕事の後に脳なんて鍛えたくないよと思われるかもしれませんが、そこは言ってもゲームですから楽しみながらという事になりますのでご安心下さい。
囲碁をやる社会人の方で「仕事とは違う脳の使い方で脳の疲れがリフレッシュ」されるなんて声もよく聞きます。イメージはジムに行って疲れるけどサッパリするような感じです。
また囲碁は練習を積んで経験者になれば十分に自分たちだけで活動ができます。
盤と石があればいつでも部活動を開けるので何と言っても気軽に開催できるのも一つの魅力でしょう。バブルの頃はどこの企業にも囲碁部があったなんて時代もありますから、皆さんの会社にも碁盤や碁石が眠っているなんてこともあるかもしれません。

囲碁部を作りたい幹事様、その他団体様はお気軽にご相談ください。
色々な方々に囲碁を教えてさせて頂いているノウハウを活用して活性化のお手伝いができればと思います。


最後までお読み頂きありがとうございます。
お時間がございましたら応援クリックをよろしくお願い致します。

囲碁ランキング

コメント

人気の記事

ブログも新しくなりました!

ドラマのエンドロールに!

吉原・王・万波の囲碁教室×交流戦

ジャンボ囲碁大会を終えて

川越×碁会所