スキップしてメイン コンテンツに移動

二十歳

こんにちは。昨日は神奈川県の大きな子供大会があり様々な報告を頂いた藤森です。
自分の力が発揮できた子、残念な結果だった子と様々だとは思います。
本人はもちろん引率の親御さんも含めてお疲れ様でした。
一つ言えるのは今は勝ち負けよりもノビノビと打つことが何よりも重要です。
そして親御さんは「負けてしまった」ことは決して怒ったりくどく言ってはいけません。
結果で評価するのでなく過程を評価することが子供を伸ばすうえで重要です。
言うは易く行うは難しですけどね。

さて、話は変わりますが、昨日は井上先生の二十歳の誕生日でした!
子供たちの良きお兄ちゃん先生として活躍してくれています。
実は子供囲碁道場をはじめた時の第一期生で小学4年生の頃から知っています。
そんな彼と誕生日祝いに牡蠣を食べながらハイボールを飲んで乾杯をしました。
これ以上美味しいお酒は中々ないでしょう。
かなり感慨深いものがありました。
囲碁サロンを続けていて本当によかったなと思える瞬間でした。
思わず昔の写真を探してしまいましたw
10年前は囲碁サロンから徒歩10分ぐらいのこのような場所で一講師として囲碁をしていました。
この子たちもいまやもう二十歳と思うと子供の成長は本当に早いですね。
また子供たちが気軽に集まって囲碁したり一緒にご飯食べたりお泊りできるような施設が欲しいですね。

また7月にも他の子が二十歳になるようです。
もうこの仕事を辞めるわけにはいきませんね!!



最後までお読み頂きありとうございます。
今後も頑張ってまいります。

囲碁ランキング

コメント

人気の記事

ブログも新しくなりました!

ジャンボ囲碁大会を終えて

ドラマのエンドロールに!

日曜日の囲碁サロン

我が家の問題