スキップしてメイン コンテンツに移動

サマースクールを終えて

サマースクールを終えてほっと一息な藤森です。
この夏は本当に子供たちとたくさんの時間を共有させて頂きました。
改めて関係者の皆様ありがとうございました。
最初は、こんなにたくさん企画しても「誰が来てくれるのか」「こんなにできるのか」など不安はありました。
しかし、やってみると家族、スタッフの協力と親御さんのご理解のお蔭で本当にやって良かったと思えるサマースクールになりました。
私自身とても充実した意義ある時間を過ごすことができました。

今の時代、夏休み中の子供達の行き場って実は案外難しい。
そんなことに気が付き出したのも親になってから。親には中々子ども達のような夏休みはありませんし、家に毎日のようにいさせる訳にもいきません。都会は特にあちこち一人で行くのも怖いし、遊べるような自然も少ない。
おじいちゃんやおばちゃんにも用事はあるし、近くに住んでいるとも限らない。
そんな中で子どもたちの居場所になることはできないか。
そう思いサマースクールを企画させて頂きました。
そしてやるからには自分がやってほしいと思えることは全てやってみようと覚悟してトライしてみました。

今回の教室は囲碁だけではなく長時間いることによって遊び、片づけ、挨拶、宿題など多方面で子供達のことを見ることができました。
一つのことを集中してずっとやるのは無理がありますから、囲碁に疲れたら遊びを通じて脳力や体力を鍛えたり、宿題をやったり、片づけや挨拶もみることができました。
ただ、私の想像以上に囲碁好きな子ばかりで予定していたよりも相当多くの時間を囲碁に費やしてくれましたね^^
子供達の好きなことへの集中力は素晴らしいものがあります。
また長時間いることにより子供たちの横のつながりもグッと近づいて来たように感じます。お友達がたくさんできると見ていてとても嬉しい気持になります^^

これからも子供たちの「居場所」「成長に係わる」ということを大事にして囲碁だけではなく大人として子供たちにどんなことを提供できるのかを意識しながら接していけたらなと思っています。
最後はサマースクールの写真をご覧ください。



最後までお読み頂きありがとうございます。
お時間がございましたら応援クリックをよろしくお願い致します。
来年も開催できるように頑張っていきたいと思います!

囲碁ランキング

コメント

人気の記事

ブログも新しくなりました!

ドラマのエンドロールに!

吉原・王・万波の囲碁教室×交流戦

ジャンボ囲碁大会を終えて

サマースクール開講