スキップしてメイン コンテンツに移動

子ども達に教えること

 こんにちは。横浜囲碁サロンの藤森です。
ブログの方はすっかり更新が空いてしまいすみません。本の執筆も終わりましたのでこれからまた更新頻度あげて書いていこうと思っています。
昨日の子ども教室にもたくさんの子供たちが来てくれました。

最近囲碁を始めたい子が増えてきているように感じています。嬉しい限りです^^


私には2歳の息子と5歳の娘がいます。自分の子どもが産まれる前から子供教室を通じてたくさんの子ども達と接してきました。その中で出来るようになるのが「あたりまえ」と思っていたようなことも実は親御さんの努力があってのことと改めて思い知りました。最初は哺乳瓶で飲めて感動して、ストローで飲めて感動して、コップで飲めて感動して、ペットボトルで飲めるようになって感動して、最近では飲んだあとのコップを片付けるようになって感動して。コップを片づけるのも本音を言えば親がやった方が早いし床が濡れる心配もありません。
でも仮に失敗して床が濡れようとも、時間がかかっても挑戦させなければできるようにはなりません。「娘のため」と言いながら「自分のため」に私もどんどんやってしまっていました。でもそれではいつまで経っても自分でできるようにはなりません。それは長い目で見てその子のためにはなりません。失敗を通じて学ぶ。失敗は成功のもと。そんなことは誰でもわかっていることなのに自分の子だとついつい手を出し過ぎてしまうものですね。囲碁でも同じです。教えるということは何でもかんでも答えを言う事とは違います。時には失敗を見守り、時には挑戦させる勇気を持たせる。あくまでも私たちはサポートです。囲碁の時間では私たち講師が「お母さん」のようなものです。いっぱい石を取られても、巨大な陣地を作られてしまってもこれも大事な経験です。転んで転んで歩けるようになるのと同じです。
私の経験上びっしりくっついてあれもこれも教えてしまうのは大抵の場合うまくいきません。
不思議と任せてもらう方ができるようになるのが早いのです。
と言いながら娘に甘えられるとすぐに手をかしてしまうのは私です

コメント

人気の記事

出版記念勉強会

魔法のAI碁盤

トップ棋士の指導碁会を開催します。

趙 錫彬先生 指導碁&大盤解説会のお知らせ

名古屋の碁会所から趙先生が来てくれました!

囲碁フォーカス×AI碁盤

鈴木伸二プロ来店予定

院生のオンライン指導碁

川越囲碁まつりを終えて